自宅でスマートフォンを使うならWifi 接続が便利

自宅でスマートフォンを使う場合、Wifiに接続しなくてもギガを使いながらのLTE回線通信が可能です。

しかし自宅にブロードバンドルーターがあり、Wifi接続ができる状態にあるなら、Wifi接続でスマートフォンを使う方が高速電波での安定した通信が実現します。また一般的には固定回線利用のWifi接続の方が、通信速度が高速になる傾向があります。スマートフォンを使うとパケット通信料がかかり、契約プランの上限に達すると自動で通信速度に規制がかかってしまいます。LTE回線で月々に利用できるパケットの制限を超えてスマートフォンを使っていると、月末には許容量いっぱいになってしまうためです。

しかし自宅のWifi環境下で接続していれば、パケット通信料は一切かからず、契約しているデータ通信料が減ってしまう心配もありません。Wifi環境を整えるにはまずインターネット回線を自宅に引いたときに、提携先のプロバイダから提供されるモデムとWifiルーターを無線LANケーブルでつなぎます。これに無線で電波を飛ばすための無線LANルーターも必要です。

この無線LANルーターは家電量販店などで購入することができ、通信速度などによってグレードや価格が異なります。スマートフォンだけで使用する場合は、モデムとルーターをLAN端子に接続してからルーターをAPモードに設定します。ほとんどのルーターには簡単にAPモードに設定できるボタンがついていますので、それを押すだけで接続します。そしてスマートフォンのWifi機能をオンにし、ネットワーク名(SSID)と暗号化キーを入力すればWifi接続は完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *